読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IntelliJ IDEAでGitとGitHubを使用する方法

Intellij IDEA
スポンサーリンク

IntelliJ IDEA で Git 操作をして GitHub 連携する時の使用方法です。

Gitコマンド確認

Git の Path を確認してコマンドの実行をテストします。

f:id:tasukujp:20160508183938p:plain

設定が正しければ次の画面が表示されます。

f:id:tasukujp:20160508214251p:plain

GitHub認証

GitHub の認証は2種類あります。

パスワード認証

GitHub にログインするアドレスとパスワードで認証します。

f:id:tasukujp:20160508183945p:plain

アクセストークン認証

GitHub API のアクセストークンを生成して認証します。

f:id:tasukujp:20160508213603p:plain

GitHub の Personal access tokens ページを確認すると新しく登録されています。

f:id:tasukujp:20160508213408p:plain

Test ボタンで接続が成功すると次の画面が表示されます。

f:id:tasukujp:20160508214214p:plain

新規プロジェクト

新規プロジェクトを作成したら「VCS -> Enable Version Control Integration...」で Git を選択してリポジトリを初期化します。git initを実行するのと同様です。

f:id:tasukujp:20160508184018p:plain

Gitの操作方法

画面下にある Version Control タブをクリックするか⌘+9のショートカットでツールウィンドウを開きます。基本的にこの画面で操作していきます。また、Git の各種操作一覧についてはメニューバーの「VCS -> Git」か「右クリック -> Git」でアクセスできます。

f:id:tasukujp:20160508221526p:plain

git commit

ファイルに変更があるとツールウィンドウに表示されます。 Commit する時は VCS のアイコンをクリックするか、VCS -> Git -> Commit Directory... に移動します。

f:id:tasukujp:20160508233142p:plain

f:id:tasukujp:20160508222303p:plain

git push

VCS -> Git -> Push... 又は⌘+shift+Kで Push ウィンドウを開きます。何も Commit されてないと Push ボタンが無効になっています。

f:id:tasukujp:20160509000929p:plain

git log

Version Control のツールウィンドウで Log に移動すると git log が確認できます。

f:id:tasukujp:20160508234034p:plain

git checkout / branch

新しいブランチを作成する場合は、ローカルでの操作と同じように現在のブランチから作成されます。ここからブランチのチェックアウトも可能です。

f:id:tasukujp:20160508235808p:plain

git pull

VCS -> Git -> Pull... で Pull Changes を開きます。現在のブランチに気をつけてください。

f:id:tasukujp:20160509002012p:plain

git merge

master の変更を develop に取り込みます。Local Branch が最新でない場合は Remote Branch からマージして下さい。VCS -> Git -> Merge Changes... からでも可能です。

f:id:tasukujp:20160509002745p:plain

コンフリクトが発生すると解消するために VCS -> Git -> Resolve Conflicts... を開きます。

f:id:tasukujp:20160509004000p:plain

Merge ボタンを押すと次のような画面になるのでコンフリクトを解消して下さい。

f:id:tasukujp:20160509005027p:plain