読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Mac】Sublime Text 3のPackage Controlの機能

スポンサーリンク

Package Controlのインストールとパッケージのインストールについては前回の記事 【Mac】Sublime Text 3のインストールから初期設定と日本語化までの方法 で書きました。パッケージのインストール以外にも機能があるので使うかもしれないものを一部まとめました。

インストール済みパッケージ確認

Package Control: List Packagesを実行するとインストール済みのパッケージを確認することができます。

f:id:tasukujp:20150309002647p:plain

さらにパッケージを選択すると対象のディレクトリをFinderで開きます。

f:id:tasukujp:20150309002725p:plain

パッケージを削除する

パッケージを削除する場合はPackage Control: remove Packageです。インストール済みパッケージのリストが表示されますので選択してEnterを押して下さい。

f:id:tasukujp:20150309234235p:plain

インストール済みパッケージは「基本設定 -> Package Settings -> Package Control -> Settings - User」(ファイルは ~/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ 3/Packages/User/Package Control.sublime-settings)でも確認できますが、remove Packageを実行するとファイルからも削除されます。

f:id:tasukujp:20150309235027p:plain

リポジトリを追加

Package Controlに登録されてないリポジトリを登録します。GitHubの場合はhttps://github.com/username/repo.gitの後ろの.gitを除いた部分を、BitBucketの場合はhttps://bitbucket.org/username/repositoryPackage Control: Add Repositoryの後に入力します。

f:id:tasukujp:20150310000504p:plain

パッケージを更新する

Package Control: Upgrade Packageを実行するとPackage Control経由でインストールした更新のあるパッケージをリストで表示してくれます。ただし、Sublime Textはデフォルトで起動する毎にパッケージが更新されるようになってるので基本は必要ありません。

自動更新をやめたい場合は「基本設定 -> Package Settings -> Package Control -> Settings - User」に"auto_upgrade": falseを追加します。

Package Control: Upgrade/Overwrite All PackagesではPackage Control経由でインストールしたパッケージ以外も全て更新します。

パッケージを無効/有効にする

パッケージを無効にするにはPackage Control: Disable Packageを実行し、有効にする場合はPackage Control: Enable Packageを実行してパッケージをリストから選択します。

参考サイト

Usage - Package Control

関連記事

 【Mac】Sublime Text 3のインストールから初期設定と日本語化までの方法 - TASK NOTES

 【Mac】Sublime Text 3のインデント設定と表示について(タブとスペース) - TASK NOTES

 【Mac】Sublime Text 3の日本語検索の不具合対応方法 - TASK NOTES