読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HomebrewのdoctorコマンドでWarningがでた場合の対処方法

スポンサーリンク

f:id:tasukujp:20140831183102p:plain
久しぶりにbrew doctorをしてみたらWarningがいっぱい出てきました。
見ただけで嫌になる感じでしたが原因自体は以下の3つほどしかなかったので、
まとめてメモしておきます。


Warning: Your Homebrew is outdated.
You haven't updated for at least 24 hours, this is a long time in brewland!
To update Homebrew, run `brew update`.
とりあえずHomebrewとパッケージを更新してみる。24h以上更新してないと出るみたいですね。upgradeはバージョンあげたくないパッケージがある場合は、不用意にやらない方がいいかも?
$ brew update  # Homebrew更新
$ brew upgrade # パッケージ更新


Warning: Unbrewed dylibs were found in /usr/local/lib.
If you didn't put them there on purpose they could cause problems when
building Homebrew formulae, and may need to be deleted.

Unexpected dylibs:
/usr/local/lib/libtcl8.6.dylib
/usr/local/lib/libtk8.6.dylib

不要なファイルを削除しろと言ってるようなので削除してみる。
$ rm -rf /usr/local/lib/libtcl8.6.dylib
$ rm -rf /usr/local/lib/libtk8.6.dylib


Warning: /usr/local/include isn't writable.
This can happen if you "sudo make install" software that isn't managed by
by Homebrew. If a brew tries to write a file to this directory, the
install will fail during the link step.
You should probably `chown` /usr/local/include
書き込み権限がうんたらかんたらと言ってる感じなのでログインしているアカウントに権限に変えてみます。
$ ls -l /usr/local
で確認してみましょう。多分rootになってる。
$ sudo chown -R [アカウント] /usr/local/include


$ brew doctor
Your system is ready to brew.

End.